資料請求 図書カード

友達に図書カードを貰えるキャンペーンがあると聞いて

 

今、高校2年生で来年にはいよいよ受験が待ってます。大学進学を決めているんですが、まだまだ志望校がはっきりと決まっていなくて迷っている状態です。

図書カード

 

友達とも「志望校を決めた?」とか話したりするんですけど、そんな話の中でひとりの友達から「大学の資料請求をすると図書カードが全員に貰えるキャンペーンをやってるよ」、っていう話を聞きました。

 

あとでメールで詳しく教えてもらったところ、そのキャンペーンをやっているのは「リクナビ進学」っていうサイトでした。大学や短期大学、専門学校なんかの進学情報をまとめたサイトみたいですが、そこから大学や短大・専門学校のパンフレットや願書をまとめて取り寄せると誰でも全員に図書カードが貰えるんだって。

 

私もちょうど志望校探しをしていて気になった大学がいくつかあったので、まとめて資料請求をしちゃいました。
んで、少し経ってから無事に図書カード(500円分)が送られてきましたよ!

 

↓↓↓応募が出来るのはココからです↓↓↓

 

貰える条件をチェック

 

今回、これに申し込んでみて、間違いやすそうなポイントがあったんでメモしておきますね。

 

この図書カードプレゼントに応募するのは条件がいくつかあって、間違えちゃうと貰えません。だから間違えないようにこの3つのポイントだけは申し込む前にチェックしておいてください。

 

 

申し込むとき気をつけたい3つのポイント

 

1.応募できる人は「高校生」のみであること

 

※応募するときに色々と入力する必要があるんですけど、【学生・ご職業】の選択欄は間違いないように「高校生」を選択しましょう。

 

2.大学・短大・専門学校・留学期間・進学関連機関のパンフレットか願書を「7校以上」請求すること

 

※請求する資料の枚数が合計7枚ではダメです。請求する学校数が7校以上であることが条件になってます。

 

3.無料の願書かパンフレットを請求すること(有料のものはダメ)

 

※有料の願書とパンフもあるんですけど、それはカウントされないので必ず無料のものを選びましょう。

 

 

・・・・・と、以上です。これだけ守ればちゃんと図書カードを貰えると思いますよ。きっと大丈夫☆

 

これってネットから申し込めるから無料だし、簡単なのでささっと応募が済みますよ。
そんなに7校なんてたくさん志望校が無いよ〜っていう人もパンフを貰うだけなら無料なので遠慮せずまとめて請求してみちゃっては?

 

 

 

≫≫今すぐ資料請求をして図書カードをゲットする!≪≪

 

 

志望校のこととか、まだ分からないことだらけ

 

高校2年になってまだ志望校も絞れてないっていうのは進学校に行ってる人から見たら「遅すぎ!」っていう感じかもしれません。そもそも国公立か私立かもまだ全然決めていない感じで...........。

 

学校の先生もセンター試験とかAO入試について詳しく説明してくれたのは最近でしたし。

 

オープンキャンパスっていう体験入学のイベント?みたいなのが開かれるときまでは、今回の資料請求でもらったパンフレットをよく見て絞り込んでおきたいですね。